小規模な葬儀の知識を持っておこう

葬儀の規模は縮小傾向にあります。
小規模な葬儀の知識は持っておいて損はないでしょう。
小規模な葬儀の代表格と言えば、家族葬が挙げられます。
その名称から、家族だけで執り行う葬儀と言うイメージがありますが、そう言うわけではありません。
家族だけで執り行うこともありますが、親戚を呼んでも構いません。
さらに、故人の友人を数人招くケースもあります。
3つのパターンがあると考えておきましょう。
急速に家族葬の人気が高まっていますが、その理由は何でしょうか。
一番は会葬者への対応に追われることがない点です。
一般の葬儀では、会葬者が100人を超えることも珍しくありません。
それだけの人数がいると、遺族は対応に追われることになります。
結果、故人とゆっくりお別れができなくなる可能性が高くなるわけです。
しかし、家族葬なら会葬者が限られているため、対応に時間をとられることがありません。
故人とも心ゆくまでお別れができるわけです。